オフィスレイアウトのデザインのポイント

オフィスをデザインする場合にポイントをどこにするか決めてオフィスレイアウトを変更できるといいです。



オフィスはデザインが変わることでまったくイメージが変わってきます。

デザインを考える場合はコンセプトが大切となります。オフィスレイアウトを変える場合に会社のイメージを表に出すという方法があります。


そのポイントとなるのはエントランス部分です。
会社の顔にもなるエントランス部分はなにもしなければただの出入り口でしかありません。

しかしそこは従業員が出入りするだけではなく、お得意様やお客様が訪れる場所でもあります。まずは明るく綺麗なエントランスに仕上げるというのもひとつの方法です。

しかしここを少しアレンジして会社のイメージを出すことでまたイメージが変わってくるのです。



ここを訪れたお得意様やお客様はそのイメージが残るようになればやはり好印象になります。
オフィスレイアウトとしてまず入口のデザインを変えてみるということと、それとともにそこで待っていても気持ちが落ち着くような空間や間取りにして商談ブースをつくるなどより好印象となります。

ビジネス視点でビジネスジャーナルといえばこちらです。

実際に仕事を行うオフィスレイアウトとしては気持ちよく仕事ができるデザインとするほうがいいのですが、実際どのようにしていいものかわからないこともあります。これまでの固定概念があってなかなかオフィスレイアウトを変えられないこともあり、このような場合は専門の業者の方へ相談をしてみるのも方法です。